言葉を表すこと。それは毎日積み重なる自己表現のかたち。

こんにちは。お久しぶりの投稿になっています。
実は最近…ブログというか、文章を書きたいという思いが湧き上がってこなかったんです。

最近、ある分野で私の表現に修正がかかることがありまして、
それが思った以上にきつい。
魂を浪費します。
でも、自分の信念は貫きつつ、寄り添えるところは寄り添っていこうと決めてます。頑張ります!

どうしてそんなに魂を浪費するのか、と考えてみました。
私にとってブログやコラムなどの文章を書く、ということは、教科書つくりやエンターテイメントではありません。
形に残る自己表現そのものであり
そこに一切の混ざり物がないようにしたいといつも思っています。
混ざり物、とは
「間違っていること」ではなく
自分の言葉や表現することに「ごまかしやかっこつけやみんなに好まれるように、とかの作為がないこと」です。

もちろん、文章ではなくFace to Faceで向かい合えるLiveな場によっては
作為的に言葉を選ぶときもあるし
意識的に表現を変えたり、自分を演出することもあります。
自分の意志で必要と感じたときに、そうします。
たくさんの生徒さんを前にしていると、自分の在り方がエネルギーとして伝わることが分かっているし、
自分の素直な表現よりも、彼女や彼らのために「こうした方がきっと良いんじゃないかな」って、
一瞬で脳内Mapが出来上がり、そのMapが描く方向に自分を操作して、生徒さんの前に立つこともある。
それがヨーガ・瞑想講師だと思うし。

でも、相手が不特定多数であり、文字として残るブログやコラムなどのOpenな場の場合。わたしは誰かの先生ではない。
操作はしたくない。
作為なくいたい。
誰が読んでくれるか分からないなら、作為する必要なんてないし、思いっきり素直な自分でいたい。
その尖ったエネルギーしか、読み手に伝わらないと思うから。

竹田夕子95%
なにが正しくて間違っているか。
なにが幸せで幸せではないか。
なにが良くて何が悪いのか。

そんな基準はとても曖昧だし、信じるものは自分の信念。
この信念を持つに到るまで、私はpositiveに努力をしている自信がある。
発信するなら自分の信念を大切にしたい。
今の自分の在り方として、表現者としての一面を持つ人間として、とても大切にしていることです。

だから少しでも作為的に言葉を変えなければならない状況になった時、苦しいんだと思います。
不器用ですよね…


何かに夢中になっている人が好き。
自分の信念を貫いている人が好き。
自分にブロックをかけない人が好き。

大砲を人の胸に打ち込むようなインパクトの在る、芸術家 岡本太郎の熱のように。
クールで心地よく、変幻自在な風のようなエネルギーの、音楽家 坂本隆一のように。
自分の肉体と精神一つで極限の強さを叶えた格闘家 ヒクソン・グレイシーの鋭さのように。

彼らは天才だと思うのですが、天才って必ず!そこに到るまでの努力をしている。
そしてそれを努力だとは思っていないと思うのです。
行きたいところがそこだから、そこにたどり着くまでさまざまな手段で自分を自在に変えていく。それをむしろ楽しむような。
ちっぽけな私にとってその姿には、抗えない吸引力があるし
奥底の魂にガツンと届く。
これは小手先の作為では到底たどり着けない「魂同士の呼応」です。

そういう世界にいたい。
辿り着けていないから、憧れを持っています。
私のベクトルは、そういう方向に向いています。
惹きつけられるのは、そういう方向。

わーーーー。
書いてるだけで熱量が上がって、涙が出てくる感じ。
昨日の夜はこんなことがずっと頭の中でうごめいていて
前頭前野が活性しっぱなし、的な。

少しでもこの熱量を
素直なままに表現したくて、今ここに書いてます。
最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます。
ブログ、ばんざーーーーーーーい!

友だち追加
【お知らせ】ボディワークセラピスト勉強会をしています。

ボディーワークセラピスト養成講座
これまで15年近くのセラピスト人生で培った知識・技術などをベースとして、そこから「ボディーワークを通してこれからあなたがどうあるのか・何をしていくのか」を一緒に見つけていくような勉強会を開催します。

ゆっくり時間をかけて一緒に進んでいきたいと思ってます。
ボディーワークセラピストとしての自分は、
人間としての自分の在り方に寄り添っていると感じています。

あなたはどんなボディワークセラピストですか?

■こんな方とご一緒したいです

  • セラピストとしての自分に疑問を持っている方
  • 不安を抱えているセラピストの方
  • ボディワークセラピストの世界に興味のある方
  • 自分の可能性を広げてみたい方
  • 幸せにお仕事をしたい方

ブログではもう少し細かく書いてますので、読んでみてくださいね。
ピンと来た方は、どなたでもWelcomeです。
ここから1歩踏み出してみませんか?

詳細について問い合わせる

Related Entry

Blooming spring 2018.

【イベント情報】 マクロビお料理教室 ∞ ヘナハーブシャンプ...

時間の拘束は、心の拘束に繋がっていく件。

諸法無我 ー自分というものは時に面倒くさいー

第1回【ヘナハーブシャンプーつくりワークショップ】が終了しま...

こだわっていないようで、実はこだわっている生活の1コマ -メ...