瞑想のパワーは強ければよいってものでもない。 -瞑想教室第2回目を終えて-

3月25日に瞑想教室「月と指」の第2回目の講座を開催しました。
その報告を…と思ってるのですが、そのお話に入る前に、第1回目の生徒さんたちの変化や反応・様子に触れなけば!ってくらい、いろんなことが起きました。


瞑想は習慣にしてもらうことで、その味が分かってきます。
えーーーと、講座中には「絵に描いたモチは食べられない、てことです」みたいな表現をしたなあ。
ということで、第1回目を終えた後に宿題を出したんですね。
毎日瞑想を習慣にしてみて下さいって。
そして、何かあったらいつでもフォローするので、連絡をしてね、って。

そしたらやっぱり様々な反応が生徒さんたちの中に現れてきて…瞑想のパワーの強さを再確認しました。
そのパワーは強いほうが良いってモノじゃないと思うんです。
生徒さんのその時の状態や環境や気持ちに寄り添わなければ、本末転倒だって思うので、瞑想の実践によって同じような反応が起きたとしても、生徒さんによってはアドバイスが変わりました。
それが出来たこと、良かったなーって思います。少人数にして良かったって。
少し大げさに言うと
「人生の転換の瞬間に、きちんと寄り添うことが出来て良かった」←(いや、もっともっと寄り添うところがあるかもしれないし、これからもずっと続いていくことなんですけど)
それを見せてくれている生徒さん一人ひとりに勝手に感動しております。笑。


さて、生徒さんたちの声。
・最初はきつくてしょうがなかった。
・「あー、また瞑想しなきゃ」と嫌になってた。でも続けることに意味があるのかと思って続けてみた。
・瞑想の後は日常生活の些細なことでイラつくんですけど!

瞑想の実践をすると、脳内に刺激が加わります。脳内分泌物質も変わってきます。
瞑想を続けていくと、可塑性により脳内が変わり始め、これまでの自分の脳内に浮かんで来ていた内部表現が変わり始め、世界も違って見えてきます。
そのホメオスタシスの揺らぎに、脳も身体も、「なんだ、なんだ!」ってびっくりしますよね。あれ?こんなはずじゃないのに、って。
だから「イラついた」とか「だるくてしょうがなかった」「感情的になった」などの反応が出てくる場合は、脳内にアプローチする瞑想が出来ているんです。
このステートは、雑念に邪魔されて瞑想できません、というステートとは、大きく違います。


でも、こう書くと、そこを求めて座ってしまう方もいるかもしれません。
求めたら、離れていきます。
求めてはいけません。
知識で理解はしているけど、その理解は横に置いておきます。
あとは潜在意識さんにお任せして、座るときはただ座る。
ただ座る、このなんと難しいことか!

仏像にでもなった感じで、
ちょこんと座ってみてください。
瞑想の質は、「する」というよりは「やってくる」そんなイメージです。

瞑想教室「月と指」では、皆さんのペースとともに
瞑想の質に近づいていきたいと思っています。
瞑想のパワーは強ければ良いってもんじゃない、あなたとともになきゃ。

友だち追加
【お知らせ】ボディワークセラピスト勉強会をしています。

ボディーワークセラピスト養成講座
これまで15年近くのセラピスト人生で培った知識・技術などをベースとして、そこから「ボディーワークを通してこれからあなたがどうあるのか・何をしていくのか」を一緒に見つけていくような勉強会を開催します。

ゆっくり時間をかけて一緒に進んでいきたいと思ってます。
ボディーワークセラピストとしての自分は、
人間としての自分の在り方に寄り添っていると感じています。

あなたはどんなボディワークセラピストですか?

■こんな方とご一緒したいです

  • セラピストとしての自分に疑問を持っている方
  • 不安を抱えているセラピストの方
  • ボディワークセラピストの世界に興味のある方
  • 自分の可能性を広げてみたい方
  • 幸せにお仕事をしたい方

ブログではもう少し細かく書いてますので、読んでみてくださいね。
ピンと来た方は、どなたでもWelcomeです。
ここから1歩踏み出してみませんか?

詳細について問い合わせる

Related Entry

トランス(変性意識)とホメオスタシス(恒常性維持機能)のお話...

「目的別マインドフルネス」と「生き方マインドフルネス」の違い...

諸法無我 ー自分というものは時に面倒くさいー

瞑想指導者養成講座に通い始めた理由。-踏み込みたくても踏み込...

日々の生活に「瞑想」を取り入れること。 -瞑想はふわふわとし...

瞑想教室 「月と指」 を開催します。 -2018年3月より第...