仏教を学んでいます – お坊さんに「仏教について教えてください!」と1年頼み続けてみた

仏教について学んでいます

仏教を学んでいます

お坊さんに「仏教について教えてください!」と頼み続けること1年。

現在、「仏教を人生に生かす・おてらーにんぐ」 は3回目となりました。
3回目の講義の中で私の心に残ったのは「四門出遊」のお話です。釈尊が出家をしようと決めるエピソード。

 

釈尊が
「天上・天下唯我独尊」と言い、7歩歩いた生誕の時。

自分の跡継ぎである王子がこのままではブッダになっていくという不安から、王であるお父様は策略により、お城の中で欲にまみれた酒池肉林の生活を釈尊に与えます。

仏教を学んでいます | ヨガ講師 セラピスト 竹田夕子

そんなある時、釈尊はお城の4つの門から出掛けていきます。

東の門
南の門
西の門
北の門

東・南・西の門から出掛けた時に、釈尊は「老・病・死」に出会います。北の門から出掛けた時には、出家者と出会います。

「老・病・死」と出会った時、「なんと嫌なことか」と釈尊は言います。それは「老・病・死」というものに向き合っていない自分に対する嫌悪感からではないか、と解釈されているそうです。

最後に出家者と出会った時には、その清廉さに憧れを抱きます。

それから時が過ぎていき、釈尊に息子が生まれてから、彼はお城を出て出家をします。出家をするということは、人に在らざるものになる、という意味だそうです。

ここまでのストーリーで私は、これはまるで私たち人間の生い立ちというか成長の過程と同じみたいだなーと感じました。お母さんのお腹の中から生まれ出た時はみんな、絶対的で純粋な存在である私たち。「天上天下唯我独尊」とはいかなくても、純粋そのものですよね。

仏教を勉強しています - ヨガ講師 セラピスト竹田夕子

それが時を重ね、成長し、物事を知り、様々なことを経験する中でその純粋さは埃をかぶっていく。汚れていきます。それが人生のあるタイミングで「気づき」を得て出家とはいかなくてもお城を出て歩き始める。

例え「気づき」を得ても、またお城の中に入るかもしれない。釈尊が4回目に気づいたように、私たちも何回も何回も、気づきを重ねていくのかもしれません。

きっといつかはお城を出ていくことが出来るんでしょうね。

あ!
今回はマインドフルネス ~仏教のお話でした。

【お知らせ】ボディワークセラピスト勉強会をしています。

ボディーワークセラピスト養成講座
これまで15年近くのセラピスト人生で培った知識・技術などをベースとして、そこから「ボディーワークを通してこれからあなたがどうあるのか・何をしていくのか」を一緒に見つけていくような勉強会を開催します。

ゆっくり時間をかけて一緒に進んでいきたいと思ってます。
ボディーワークセラピストとしての自分は、
人間としての自分の在り方に寄り添っていると感じています。

あなたはどんなボディワークセラピストですか?

■こんな方とご一緒したいです

  • セラピストとしての自分に疑問を持っている方
  • 不安を抱えているセラピストの方
  • ボディワークセラピストの世界に興味のある方
  • 自分の可能性を広げてみたい方
  • 幸せにお仕事をしたい方

ブログではもう少し細かく書いてますので、読んでみてくださいね。
ピンと来た方は、どなたでもWelcomeです。
ここから1歩踏み出してみませんか?

詳細について問い合わせる

Related Entry

新年は気分を一新する良いきっかけ。

マインドフルネス | 竹田夕子のブログ

マインドフルネスとは何か?ありのままの自分を受け止めてみる

「目的別マインドフルネス」と「生き方マインドフルネス」の違い...

インドへの旅

マインドフルネスヨガと ”いつも” ”ともに”。