「目的別マインドフルネス」と「生き方マインドフルネス」の違いを知る。

毎週火曜日に、瞑想の学校に通っています。
クラスのメンバーは20名くらい。
さまざまなバックグラウンドをお持ちの、ひと癖もふた癖もありそうな変態の集まりです。
そうそう。わたしは変態・変体と言われ続けて早35年ほど経ちますが笑、
変態・変体という表現をまったく悪い意味に捉えたことはありません。
変わっている、ということですよね?
変わっている=個性がある=魅力的。という私の方程式が成り立ちますので、これは仲間に対する褒め言葉、です。

さて、先日の講義では「Mindfulness - マインドフルネス」について学びました。
そこでの先生の説明は、とても「目的別マインドフルネス」寄りでした。

「目的別マインドフルネス」というのは、
マインドフルネスの実践によって、ストレス低減や、パフォーマンス向上などの「効果」が得られるものです。
これが今すごく人気なんですよねーーー。
GoogleやYahoo!などの大企業が、福利厚生や社員教育のために導入して
仕事や人生を発展させるようなすごい効果が得られた!人材が成長した!ということで世界中に一気に広まったんだと思います。

ですが、マインドフルネスの「概念」はそんなに新しいものではなく、仏教の世界では深深と繋がってきているものだし、どうしてこんなに急に人気が出たのかなー?と疑問に思う方も多かったのではないでしょうか。

やはりそれには、「マインドフルネス」というキャッチーな名前と、世界規模での大企業が導入していること、みんなが憧れるような有名人の実践によるPR効果、などの影響が大きいのだと思います。

ですから、お坊さんなんかは反対している方が多いですよね。
本来はそんなものではない、本来の在り方からずれている…みたいに。

私が好きで興味を持っているのは、
この「目的別マインドフルネス」ではなく「生き方マインドフルネス」です。


ベトナムの僧侶ティクナットハン氏の教えをそのままに
人生に生かしていくマインドフルネスの概念に共感しているし、これを皆さんと共有していきたいのです。


少し前に学んでいた島田啓介さん(ティクナットハン氏の著書の翻訳をされている方)の教えを振り返りたくなって、久しぶりにテキストを開いてみました。

そうしたら、お宝のような言葉がたーーーっくさん!
学んでいたときにはちゃんと気づけなかったんだなー、とそのキラキラした言葉をひとつひとつ噛み締めながら目を通してみました。

それらはとても丁寧にお伝えしていきたいものです。
丁寧さには意味があります。これもマインドフルネスです。
これから「生き方マインドフルネス」として、何回かに分けて連載したいと思いますので、お楽しみに。

皆さんの素敵な生き方のエッセンスになっていくと思います。

今ここで、素敵な言葉の一部を少しだけお伝えしようと思ったんですけど、
書きたいことがありすぎて、放り投げました、笑。
ゆっくり大切にいこうと思います。


今日は、シンプルな言葉を列記してみます。

We are already what we want to become.
~あなたはもう、なりたい自分になっているのです。

To be is to interbe.
~存在すること、それは「在り合い」。

No mud , No lotus.
~泥がなければ蓮は咲かない。

I have arrived, I am home.
~私は本当の家にすでに着いている。

友だち追加
【お知らせ】ボディワークセラピスト勉強会をしています。

ボディーワークセラピスト養成講座
これまで15年近くのセラピスト人生で培った知識・技術などをベースとして、そこから「ボディーワークを通してこれからあなたがどうあるのか・何をしていくのか」を一緒に見つけていくような勉強会を開催します。

ゆっくり時間をかけて一緒に進んでいきたいと思ってます。
ボディーワークセラピストとしての自分は、
人間としての自分の在り方に寄り添っていると感じています。

あなたはどんなボディワークセラピストですか?

■こんな方とご一緒したいです

  • セラピストとしての自分に疑問を持っている方
  • 不安を抱えているセラピストの方
  • ボディワークセラピストの世界に興味のある方
  • 自分の可能性を広げてみたい方
  • 幸せにお仕事をしたい方

ブログではもう少し細かく書いてますので、読んでみてくださいね。
ピンと来た方は、どなたでもWelcomeです。
ここから1歩踏み出してみませんか?

詳細について問い合わせる

Related Entry

諸法無我 ー自分というものは時に面倒くさいー

瞑想教室「月と指」の4ヶ月のこと。 - 第1期卒業の会を終え...

2018年の夏の終わり。それは破壊の時期の中盤。

瞑想のパワーは強ければよいってものでもない。 -瞑想教室第2...

第2期 瞑想教室「月と指」を開催します。

トランス(変性意識)とホメオスタシス(恒常性維持機能)のお話...